天使と悪魔の記録

 

夕涼み会 

7月28日、こなつの幼稚園で夕涼み会が行われた。
本当はもっと前に開催される予定だったが、
色々な事件が重なり、延び延びになっていたのがようやく
ここに来て開催されたのだ
(そのためにANNさん主催のOF会に出られなかったんだけど(;_;)。

こなつの幼稚園は小さいので、近くの公園を借りて行われる。
名古屋オフからの帰りお昼寝をさせて、夕方から出かけた。


夕涼み会には浴衣で出るのが伝統のようだ。
別に幼稚園の方で規制されているわけではないが、
園児全員が浴衣を着てくるらしい。
こなつは浴衣を嫌がり
「お祭りのちゃんちゃんこ(ハッピ)着て、頭にタオル(はち巻き)して行くー!」
と、ごねたが、うちにはもう浴衣がある…。
例によって、義母が張り切って買ってきた。
何としても、浴衣を着てもらうよ!

夕涼み会の前の週に、予行練習に来られる人だけ集まって花火をやった。
その時に、
「Yちゃんも、RKも、Hちゃんもみんな浴衣だよ。」
「こなつはいいよ。着ない!」
「でも、こなつが大好きなTK君も浴衣だよ。」
「…、じゃあ着る。」と言って、結局着ていった。
結構、簡単(笑)。

夕涼み会本番はごねることなく、あっさり浴衣を着てくれた。
こなつが自分で作ったうちわを持ち、二人で出かける。

公園に提灯を飾り、盆踊りの会場もできている。
盆踊り好きのこなつはうちでもおお張り切りで練習していた。
本番は、どうかな。

まずは、お決まりの集合写真から。
年少さんが全員集まり、石段に順に座る。
「はーい、こっち見てください!」
カメラマンさんの言葉に、全員が前を向くがそっちに気を取られ、
全員の足が広がる。

…みんなパンツ丸見えですけど。

親が一斉に駆け寄り、浴衣の裾を直す。
再びカメラマンさんの声。
広がるパンツの花。
駆け寄る、親。
こなつなんか、わざと広げやがる(怒)。
結局、それを何度か繰り返すうちに全員が疲れ、
もっとだらしなくなった状態で、写真を取り終える…。
入園式から始まって、集合写真にはついてないな、このクラス(笑)。

年中さん、年長さんはさすがに一発で撮影OK。
たった1歳、2歳の差だが、この差は大きい。

いよいよ、盆踊りの本番。
音楽に合わせ、みんな輪になる。
小さい子が浴衣を着て踊っている姿はなんともほほ笑ましい。
こなつは…?
あぁ、やっぱり本番に弱いタイプ…。
みんなの間に埋もれて、一つも踊ってない…。
いざとなると、以外と照れ屋なんだよね。

このときとっても嬉しかったのは、まだママと離れられなくて、
お教室に入る時泣くAMちゃんがとっても上手に踊っていたことだ。
特に、親が一緒のイベントは泣きっぱなしだったのに、
お友達と仲良く手をつないで、にこにこしている。
AMちゃんのママも、
「幼稚園に溶け込んでいるの初めて見た。」と、感動していた。

お友達ができると、子供は強くなるのだ(笑)。

次は、役員のお母さん達による花火だ。
長いヒモにそれぞれ色々な花火を括り付けた、
手作りの仕掛け花火だ。

役員のお母さん二人が、花火の付いたヒモを持つ。
そこに、もう一人の役員さんが火をつけていくのだが、その時、突風が…。
花火が揺れて、役員さん達を襲う。
「熱い!熱い!!」心配そうに見守る、私たち。
情け容赦なく大笑いする子供たち…。
そこ、笑うとこじゃないけど…。
気を取り直して、火を付け直し、再び花火の始まり。
煙がもくもく子供たちの方へ行く。
こなつが持っていたうちわで煽ぐ。
隣のRちゃんや、Sちゃんも誘う。
煽ぐ煽ぐ…。
広がる、うちわ煽ぎの輪…。
興奮したこなつが、立ち上がってはしゃぐ。
当然、まわりの子も立ち上がる。
すかさず、座らせに入る先生。
座らされたそばから、また立ち上がり…。

ごめんよ、役員さん(;_;)。
子供たちは花火どころじゃないよ…。
でも、私たち親はしっかり見たよ!

こなつも踊りはまともに踊らないくせに、
こういうときばっかり目立ちやがって(怒)!

やがて、花火も終わりお帰りの時間。
子供たちもお腹が空いて、ぐずりだす。
持っていたうちわをくわえるもんだから、
うちわの絵の具が口のまわりについている(笑)。
こなつも、緑の唇だ(笑)。
緑の口しているくせにRKの口のまわりの青を浴衣の袖で拭いてあげている。
…世話好きですか?
お土産にもらった提灯に、一斉に火をつける。
ちょっと幻想的な風景。

「おかあさん、お腹すいたー、眠いー!」
こなつの声に、幻想的な世界はあっさり打ち破られる(怒)。
みんなに約1ヶ月半のお別れをして、
うちに戻った。

来年は、もう少しまともだろう…。

(C) Copyright 2001 nachi All rights reserved. Update : 2002/09/25 Goto HOME